認知症の基礎知識

まずは認知症に関する基礎知識をつけましょう。

認知症の基礎知識記憶と脳細胞「ニューロン」「シナプス」の関係

 

認知症を知る前に・・・脳の仕組みを知ろう!

認知症がどんな病気であるかを正しく知るためには、まず脳の構造を理解する必要があります。
脳の中で活躍するニューロン、シナプス、そして記憶のしくみを見てみましょう。

ニューロンって何?

ニューロンの構造

▲ニューロンの構造

ニューロンとは脳にある神経細胞のことを指します。
脳は構造的に大変複雑なのですが、基本的にこのニューロンが軸になっています。
これらが多数(例えば人間の脳の場合100億から1000億個程度といわれている)集まって様々な神経回路を作っているのです。

私たちが考えたり記憶したりする脳の働きというのは、ニューロン同士がお互いに連絡を取りあって情報の伝達を行うことで成立します。
もっと細かくいうと、このニューロンが隣のニューロンにシナプスという物質を通して電気信号を与えて情報伝達をすることでニューロンがどんどんつながり、考えたり記憶したりすることができるのです。

大脳生理学の分野におけるこれまでの研究で、この神経回路は驚くほどの正確さで配線されているということがわかっています。

シナプスって何?

シナプスの構造

▲シナプスの構造

シナプスとは簡単にいうと、神経と神経などの情報の受け渡し場所のことを指します。
シナプスには突起部分と受け皿部分が必ずあって、ニューロンはこのシナプスをくっつけることによって情報を伝達していきます。
しかし、実はこのシナプス、ほんのわずかですが隙間が空いているのです。
このシナプスを接続するには「情報伝達物質」(神経伝達物質)という媒体が必要になります。

ところが歳を取ると、このシナプスの突起自体も死滅してしまい、更には情報伝達に大切な「情報伝達物質」も少なくなってしまいます。
そうなるとシナプスの接続ができなくなり、これがわたしたちの思考力や記憶力の衰え、つまり脳の老化となって現れるのです。

シナプスを健康にするには

このシナプスに活力を持たせることは脳の活性化につながります。
本を読んだり、会話に熱中したり、新しいことを学んだり、趣味などでよく脳を働かせれば歳をとってもシナプスの活力を保つことができるといわれています。
やはり「生きる楽しみ」や「生きがい」が必要なのでしょうね。

記憶のしくみ

人ができごとを記憶するには、脳のすべての部分すべての感覚を必要とします。

例えば、あなたの“おばあさん”のことを思い出してください。
おばあさんの記憶をたどるとき、おばあさんの笑顔や好きな食べ物、声の響き、暖かいぬくもりなど、あらゆることを思い出すことからはじまりますよね。
脳は膨大な数のニューロン(神経細胞)におおわれていますが、その中にはおばあさんの記憶を呼び起こすときに特有のパターンで、いっせいに刺激を伝達していくニューロンのグループがあるのです。

しかし、このパターンをもった神経細胞が弱ったり減ったりしてしまうと、その記憶は薄れてしまいます。
次第には思い出すことはおろか、記憶していたことすら分からなくなるのです。
年齢や病気、クスリなどで神経が退化してしまうと精神が混乱するのはこういったことから起こるのです。

このページの上に戻る